コラム column

2019年上半期

Webから応募できる小説新人賞まとめ

monokaki編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
画像

年が明けて、今年こそ(今年も?)バリバリ執筆するぞ! と意気込んでいる方も多いのではないでしょうか?
新年で心機一転、昨年書きかけのままになっている小説の、続きに取り組むのもいいですね。

この記事では、
今年の上半期(6月末まで)〆切
Webから手軽に応募可能
書籍化のチャンスもある賞
だけを集めました。

意外にも、書籍化デビューした作家さんの中には「まさか自分が受賞するとは思っていなかった」という方も多いんです。
紙に印刷して、封筒に入れて、出版社に郵送しないといけない紙の新人賞に対して、Web応募ならぐっとハードルも低いですよね。
ガチの書籍化狙い! じゃなくても、執筆のペースメーカーとしてコンテストを利用してみてはどうでしょう?
10万文字以上の長編はもちろん、短編や中編の賞もありますので、ご自身の書かれているジャンルで募集がないか、チェックしてみてください。

2月4日(月)〆切:第7回ネット小説大賞

ジャンル:ファンタジー、恋愛、歴史、SF、ミステリーほか、不問
文字数・枚数:不問
URL:http://www.cg-con.com/novel/index.html

ご存知、「小説家になろう」の小説大賞です。
文字数制限なし、(過去8,000文字から300万文字まで受賞実績がございます)という補足の圧がすごい……!
今年から「ゲーム部門賞」も新設されたみたいですよ。

2月28日(木)〆切:TOブックス大賞

ジャンル:現代社会を舞台にした切ない小説
文字数・枚数:80,000字〜130,000字
URL:https://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=157390

毎年、数多くの出版社とタイアップし、ほぼ一年間にわたって開催される「エブリスタ小説大賞」内のコンテストです。
「切ない小説」という、感情切り口での募集はめずらしいですね。
ほかの応募作が読めるのもエブリスタ小説大賞の特徴のひとつ。まずはバラエティ豊かな応募作を読んでみましょうか。

3月29日(金)〆切:第2回 ジャンプ恋愛小説大賞

ジャンル:広義の恋愛要素を含む未発表作品
文字数・枚数:1枚40字×32行として、120枚以内
URL:http://j-books.shueisha.co.jp/prize/renai/

「恋愛」を切り口に、新しい時代を切り開く作家を募集している賞です。
人気作家・乙一さんや上遠野浩平さんの書き下ろし短編がサイト内で読めるほか、「読者賞」を選ぶ読者審査員も募集しているようです。読み専さんもぜひ!

3月31日(日)〆切:竹書房 最恐小説大賞

ジャンル:「怖い小説」であれば、ホラー・サスペンス・イヤミスなど、ジャンル不問
文字数・枚数:100,000字~120,000字
URL:https://estar.jp/_ofcl_evt_outline?e=157770

一番恐い小説を受賞作とします。」という宣言がいっそすがすがしい(!?)賞です。
受賞作だけではなく、優秀100作品についてエブリスタ編集部から選評メールが届くサービスも。
10万文字以上なら連作短編でもOKなので、作品にフィードバックがほしい人におすすめ。

3月31日(日)〆切:第20回 角川ルビー小説大賞

ジャンル:男性同士の恋愛をテーマにした作品で、明るくさわやかなもの
文字数・枚数:1枚42字×34行として、65~130枚
URL:http://shoten.kadokawa.co.jp/ruby/award/

BL書きの皆さん、出番です。次世代に輝くBLの星を目指せ!
応募者全員の作品に対して、A~E評価が発表されます。楽しみなような、こわいような……!?
明るくさわやかな萌えをぶつけてください。

4月1日(月)〆切:第25回 スニーカー大賞

ジャンル:10代の読者を対象としたファンタジー、ラブコメ、ホラー、SF、ミステリー、青春
文字数・枚数:1枚40字×32行として、100枚~130枚
URL:https://sneakerbunko.jp/award/

ロードス島戦記』『涼宮ハルヒ』などの大ヒット作を送り出してきたスニーカー大賞は、10代の読者を対象としたエンタメ作品を幅広く募集しています。
スニーカー文庫の歴史については、以下の記事にも詳しいです。
テーブルトークRPGリプレイと「なろう」小説|平成小説クロニクル

4月10日(水)〆切:第26回 電撃小説大賞

ジャンル:ファンタジー、SF、ミステリー、恋愛、青春、ホラーほか、ジャンル不問
文字数・枚数:1枚42文字×34行として、短編は15~30枚、長編は80~130枚
URL:http://dengekitaisho.jp/index.html

電撃文庫というとファンタジーのイメージが強いですが、実は電撃小説大賞はジャンル不問
試し読みが公開中の前回受賞作、『つるぎのかなた』は青春部活ものです。
気になった方は、湯浅隆明&高林初両編集長のインタビューからどうぞ。
「電撃小説大賞」の冠は新ジャンル開拓のためにある|新人賞の懐

5月10日(金)〆切:第9回 講談社ラノベ文庫新人賞

ジャンル:ファンタジー、学園、ミステリー、恋愛、歴史、ホラーほか、ジャンル不問
文字数・枚数:40文字×34行の書式で100~150枚
URL:http://lanove.kodansha.co.jp/award/rookie/9/

10代中盤から20代前半の男性を対象読者として想定している講談社ラノベ文庫。
同世代の作家志望者には狙いどころかもしれません
大賞賞金300万円! 夢が膨らみます。

6月20日(木)〆切:第99回 オール讀物新人賞

ジャンル:エンターテインメント全般
文字数・枚数:400字詰原稿用紙で50枚~100枚
URL:http://www.bunshun.co.jp/mag/ooruyomimono/prize.html

原稿用紙50枚からの短編で、ノンジャンル。
この間口の広い賞から、多くの直木賞作家が生まれました
今回紹介した賞のなかでの断トツの開催回数99回の栄冠を手にするのは、あなたかもしれません。
monokaki では、大沼貴之編集長にインタビューしています。
作家に必要なのは、知識よりも勇気|新人賞の懐

この記事への感想・コメントを送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※お送りいただいた感想・コメントは monokaki 編集部に届きます。このページには表示されません。
※感想・コメントへの返信はしておりません。個別のお問い合わせはこちらまで。

↑↑