コラム column
2019.06.25

2019年下半期

Webから応募できる小説新人賞まとめ

monokaki編集部

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
画像

皆さん、そろそろ「令和」には慣れてきましたか? 
気がつくと今年ももう半分過ぎて、下半期に突入しますね。
上半期に思うように創作が進まなかった人も、ここで再度執筆目標を立ててみませんか?

この記事では、
以下の「3つの条件」を満たす賞を集めました。

今年の下半期(12月末まで)〆切
Webから手軽に応募可能
書籍化のチャンスもある

スケジュールを立てて応募するのもよし、書き終えてから応募できる賞を探すのもいいかもしれません。

公募新人賞の要項では、「自作未発表の小説に限る」という文言が散見されます。
「未発表」の解釈は賞により、他の新人賞への応募作品・同人誌やネット上で発表した作品は対象外になることが多いですが、発表済みの短編を長編まで加筆したものや、過去作を全面改稿したものはOKとなる場合もあるようです。
すでにある短編を加筆・改稿するのもおすすめですよ。

7月31日(水)〆切:第2回 氷室冴子青春文学賞

ジャンル:「青春」をテーマにした作品
文字数・枚数:20,000字~60,000字(400字詰め原稿用紙で50枚~150枚)
URL:https://estar.jp/official_contests/159347

集英社コバルト文庫を代表する作家であり、少女小説の分野で新しい世界観を提示した氷室冴子氏の功績を讃え、創設された新人賞です。
選考委員は朝倉かすみ氏、久美沙織氏、柚木麻子氏
久美沙織さんが「創作のための5か条」を伝授してくれた、以下の記事もお読みください。
こだわらず手放せ! 作家・久美沙織に教わる創作5ヶ条|ものかき未満

7月31日(水)〆切:光文社キャラクター文庫賞

ジャンル:現代日本を舞台にした、元気になれる小説
文字数・枚数:100,000字~120,000字程度
URL:https://estar.jp/official_contests/159348

光文社キャラクター文庫は、2018年9月に創刊された、20代から40代向けの新しいレーベルです。
同世代の方、自分の読んでみたい作品を応募してみてはいかがでしょうか?
ラストが前向きな作品であることも条件なので、明るい作品が好きで書いている人はチャンスです!

7月31日(水)〆切:第14回 小説現代長編新人賞

ジャンル:現代、時代、恋愛、推理、サスペンス、SFなど不問
文字数・枚数:30字×40行で83~167枚
URL:http://shousetsu-gendai.kodansha.co.jp/special/prize_entry14.html

小説現代新人賞は数多くのベストセラー作家や直木賞作家を輩出しています。
ほぼオールジャンルをカバーしていますので、長編エンタメ作品を書いている人は狙いどころかもしれません。
選考委員は朝井まかて氏、伊集院静氏、中島京子氏、宮内悠介氏、薬丸岳氏。

8月31日(土)〆切:ピュアラブ小説大賞

ジャンル:10‐12歳の小学生高学年の女の子を対象とした学園ラブストーリー
文字数・枚数:100,000~120,000文字程度
URL:https://estar.jp/official_contests/159349

「ポケット・ショコラ」は、恋にあこがれ、少し背伸びをしたい子ども向けの文庫レーベルです。
「主人公および主人公の恋の相手は小学生~高校生であること」「恋愛表現はキスまで」などの規定があります。
枠があるほうが書ける!」という人にはおすすめな賞です。

8月31日(土)〆切:第33回 ファンタジア大賞

ジャンル:十代の読者を対象とした広義のエンタテインメント作品
文字数・枚数:40字×16行で200〜270枚
URL:https://www.fantasiataisho.com/

大賞賞金300万円。金賞50万円、銀賞30万円、賞にもれても最終選考まで残れば10万円と、細やかな賞金設定が嬉しい賞です。
一次通過作品は、「キャラクター」「オリジナリティ」「ストーリー」「同時代性」「文章力」5項目についての10段階評価表を貰えます。

9月30日(月)〆切:第125回文學界新人賞

ジャンル:純文学
文字数・枚数:400字詰め原稿用紙で70枚~150枚
URL:http://www.bunshun.co.jp/mag/bungakukai/bungakukai_prize.htm

「平成小説クロニクル」で以前に取り上げた吉田修一さんと絲山秋子さんが「文學界新人賞」出身作家です。
地方を舞台とした「アンチ東京小説」のリアリティ|平成小説クロニクル

純文学とWeb投稿/公募新人賞の関係については、以下の記事も参考になります。
純文学はWebにアップするべき?老舗新人賞に送るべき?|創作ハウツー

9月30日(月)〆切:第40回 横溝正史ミステリ&ホラー大賞

ジャンル:広義のミステリ小説、又は広義のホラー小説
文字数・枚数:40字×40行で50枚~175枚
URL:https://awards.kadobun.jp/yokomizo/

「横溝正史ミステリ大賞」と「日本ホラー大賞」の2つが統合し、ミステリとホラーの2大ジャンルを対象にした新しい文学賞になりました。
選考委員は綾辻行人氏、有栖川有栖氏、黒川博行氏、辻村深月氏、道尾秀介氏と、大家の名前が並びます。
一般から選ばれたモニター審査員によって選ばれる「読者賞」もありますよ。

9月30日(月)〆切:第14回 小学館ライトノベル大賞

ジャンル:ファンタジー、ミステリー、恋愛、SFなどのエンタテインメント小説
文字数:42字×34行で70~150ページ(ワードは縦書き、テキストは横書き)
URL:https://gagagabunko.jp/grandprix/entry14.html

ビジュアルが付くことを意識した作品を募集しています。
大賞だけでなく、ガガガ賞、優秀賞、審査員特別賞と、すべての賞でデビュー確約!
また、第一次審査通過者全員に評価シート&寸評が送られます。

10月31日(木)〆切:第27回松本清張賞

ジャンル:広義のエンタテインメント作品
文字数:40字×30行で100~200枚
URL:https://area18.smp.ne.jp/area/table/10962/01k9KB/M?S=mckap2phpbl

ミステリ、時代小説、ファンタジーなど様々なジャンルで活躍する作家を輩出しています。
選考委員は京極夏彦氏、辻村深月氏、中島京子氏、東山彰良氏、三浦しをん氏
「Web時代の作家たち」でお話を聞いた阿部智里さんも、松本清張賞出身作家です。
転げ回って泣きついて、それでも〆切は迫ってくる|Web時代の作家たち

10月31日(木)〆切:第63回群像新人文学賞

ジャンル:純文学
文字数:400字詰原稿用紙で70枚~250枚
URL:http://gunzo.kodansha.co.jp/awards

応募枚数が原稿用紙70枚から250枚と、短編から長編まで幅広く募集している賞です。
村上龍さんや村上春樹さんはじめ、近年では島本理生さんや村田沙耶香さんを輩出。

自分の書いているものが純文学かエンタメかわからない!」という方は、こちらの記事をどうぞ。
「エンタメ/純文」って何ですか?|おもしろいって何ですか?

10月31日(木)〆切:ジャンプ小説新人賞’2019

ジャンル:【小説フリー部門】不問、【小説テーマ部門】「お仕事」または「会話劇」
文字数・枚数:【小説フリー部門】40字×32行で100枚~150枚程度 、【小説テーマ部門】40字×32行で30枚以下
URL:http://j-books.shueisha.co.jp/prize/award19/

フリー部門とテーマ部門で新たな才能を求める新人賞
「自由に書いたもので応募したい」という人と、「テーマがあるほうが書ける!」という人、それぞれに応募しやすい賞ですね。

10月31日(木)〆切:第19回 女による女のためのR-18文学賞

ジャンル:女性ならではの感性を生かした小説
文字数・枚数:400字詰め原稿用紙換算で30~50枚
URL:https://www.shinchosha.co.jp/r18/guide.html

募集開始は8月5日(月)からです。
吉川トリコさん、宮木あや子さん、山内マリコさん、窪美澄さん、彩瀬まるさんなど、著作が映像化されたり、直木賞候補に名前を連ねる、話題の女性作家を多数輩出しています。
「新人賞の懐」新潮社・西山奈々子さんのインタビューも読んでみてください。
書く時間よりも、直す時間をたくさん取ること|新人賞の懐

11月30日(土)〆切:第12回GA文庫大賞

ジャンル:ファンタジー、学園、ラブコメなど、広義のエンタテインメント小説作品
文字数・枚数:42文字×34行で80枚~130枚
URL:https://ga.sbcr.jp/novel/taisyo/guide.html

大賞、金賞、銀賞の三賞があります。大賞と金賞は「ガンガンGA」でのコミカライズが確約されます。
また、●次通過者などの実力を問わず、希望者全員に評価シートが送付されます!
〆切までまだ時間もありますので、「自分がどのくらい筆力があるかわからない」という方は応募をご検討ください。

この記事への感想・コメントを送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※お送りいただいた感想・コメントは monokaki 編集部に届きます。このページには表示されません。
※感想・コメントへの返信はしておりません。個別のお問い合わせはこちらまで。

↑↑